キャッシングと消費者金融では、損得ではなく目的の違いに応じて選びましょう。

キャッシングと消費者金融はどちらがおすすめ?徹底調査で適正チェック

キャッシングと諸費者金融ではどちらも借り入れのサービスですが、審査の条件や借りることのできる金額には少しずつ違いがあります。自分が利用する際は、どちらがベストなのか入念に下調べする必要があります。

投稿日:

消費者金融との違い

クレジットカードのキャッシング消費者金融は、お金の借り入れを行う際に利用します。
どちらもお金を借りるサービスですが、どういった違いがあるのでしょうか?
申し込み条件、金利、利用限度額などを徹底的に比較することで、どういった違いがあるのか確認してみましょう。
それぞれの特徴を把握せずに利用してしまうと、後で後悔することになるかもしれません。

 

キャッシングを知ろう

借金ができるクレジットカードキャッシングとはクレジットカードを使ってお金を借りることです。
クレジットカードと言うと、買い物に使うイメージかもしれませんが、中には借り入れ機能が付帯されているものもあります。
キャッシングは、カード会社から借り入れできる金額が決められています。
しかし、一度審査に通ってしまえば、その後は限度額の枠内であれば何度でもお金を借りることができます。
既にカードを利用している人は、キャッシングの枠が割り当てられてさえいれば、そのまま利用できる点は嬉しいですね。

 

消費者金融も合わせて覚えておこう

消費者金融で借りたお金消費者金融は、個人向けに融資サービスを提供している貸金業者のことです。
ほとんどの業者で、担保なし、保証人なしでお金を借りることができます。
申し込みを行うとすぐ審査を開始するため、比較的スピーディーに現金を手にすることができます。

キャッシングと消費者金融では、損得ではなく目的の違いに応じて選びましょう。

 

結局どっちを利用すればいいの?

それではキャッシングと消費者金融の比較を行っていきます。

申し込み条件

・キャッシング

キャッシングを行うには、クレジットカードを作成しなければなりません。
カードの作成の際は、年齢が18歳以上、本人又は配偶者に安定した収入がある、という条件が設けられています。
また、安定した収入を持つことが難しい学生でもカードを作れるようになっています。
ただし、キャッシングを利用するには安定した収入が不可欠です。
学生のうちは、キャッシングの利用が難しいかもしれません。

・消費者金融

こちらは申し込みに当たって、年齢20歳以上、本人に安定した収入がある、という条件を設けています。
キャッシングとは違い、本人の経済力が問われます。
そのため専業主婦をしている場合は申し込みが難しいでしょう。
また、学生に関してはアルバイトの収入があれば、審査を受けることができるようです。

金利

金利に関してはどちらも年利が約18%です。
各社で多少前後しますが、大きな違いはありません。

限度額

・キャッシング

キャッシングの限度額は、10~100万円の間で設定されることが多いです。
設定された金額以上に借りることはできませんので、希望額に届かない可能性があります。

・消費者金融

消費者金融を利用する場合は、年収の3分の1以内であれば借り入れを行うことはできます。

現金を手に入れるまでの期間

・キャッシング

クレジットカードを作っていない場合は、手元に届くまでに1~2週間かかってしまいます。
もう持っている方は、ATMやカード会社のホームページから申し込みができ、すぐに現金を手に入れることができます。

・消費者金融

審査が行われるため、どれだけ早くても1時間はかかります。
こちらも同様に業者のホームページから申し込みを行えます。

返済方法

・キャッシング

返済の際は、一括もしくはリボ払いから選択することができます。
ショッピング枠の返済と違い、一括返済であっても金利は発生しているため、勘違いしないようにしましょう。
リボ払いは、利用額を定額で払い続ける分割払いの一種です。

・消費者金融

消費者金融の場合は、支払い方法がリボ払いのみになります。

 

お金を借りるなら

お金を借りる時のポイントを説明する女性キャッシングと消費者金融では、申し込みの条件や、利用までの流れなど、多くの項目で違いが見られました。
冒頭にもお話したように、どちらもお金を借りることに変わりありません。
しかし、場面によって適しているサービスは異なるようです。
借り入れの目的と利用するサービスの特徴を理解して、自分にあった選択肢を選びましょう。

Copyright© 2020 ピンチ時に役立つクレジットカード活用術【カエルちゃんネット】All Rights Reserved.