JCBカードは国内での加盟店が多く、提携サービスが多い魅力があります。

日本発の国際カードブランド「JCB」~カードブランドとしての実力を探る!

JCBの特徴・メリットは、日本唯一の国際カードブランドであるため国内のサービスが充実していることや、海外でも日本人向けサービスを用意しているところが多いことです。カードブランドとJCBカード(プロパーカード)の双方でJCBの実力を徹底解説いたします。

投稿日:

JCBの特徴・メリット

JCB(ジェイシービー)は日本で唯一の国際カードブランドで、自社発行するプロパーカードが高い人気を集めています。
JCBの特徴・メリットについて、カードブランドとJCBカードとしての2つの視点から徹底解説いたします。

カードブランドとしての実力

日本のカードブランドだけあって、国内での加盟店が非常に多いです。
VISAやMasterCardには対応していてJCBには対応できない状況はほとんどありません。
国内でクレジットカードを利用する分には不自由ないでしょう。

海外では加盟店数や展開している国と地域で海外のカードブランドに劣ります。
ただし、ハワイや台湾・韓国など日本人から人気の観光スポットでは、JCBプラザ・JCBプラザ ラウンジを利用できるメリットがあり、海外でも日本語対応・日本人向けの手厚いサポートを受けられます。
定番の人気エリアを中心に海外旅行へ行く方であれば、JCBのカードを持っておくことで有利な環境を作れるかもしれませんよ。
発展途上国や先進国の郊外へ行った際はJCBを使える加盟店が少なくなるので注意しましょう。

JCBカードの特徴

JCBカードは日本のカードブランドが発行するプロパーカードで、提携サービスが豊富です。
使えるお店は他社と大きな違いはありませんが、JCBカードは以下のメリットがあります。

・ポイント優遇される提携サービスが多い
・移行できるポイントの種類が多い
・上位カード向けの優待・特典が多い

ECサイトでの買い物で貯まるポイントAmazonや楽天などのECサイトでボーナスポイントが貯まるほか、セブンイレブンやスターバックスなど実店舗でもポイント優遇される提携店舗が多いです。
カード会社による営業力は国内トップクラスで、今後も海外のカード会社では扱わないサービスを続々と打ち出していくでしょう。
ライセンス料の発生しないプロパーカードの強みを活かして、ポイントや優待などで会員へしっかり還元していることが人気の要因です。

上位カードのお手軽感

プラチナカードJCBはプロパーカードの中でゴールドカード・プラチナカードの年会費が安いメリットがあります。

通常のJCBゴールドカードは年会費11,000円で、ゴールドカード会員向けの招待カード「JCBゴールド ザ・プレミア」なら5,500円、29歳以下は無条件で年会費3,300円になるJCB GOLD EXTAGEを用意しています。

プラチナカードはJCBプラチナ(27,500円)と、招待制でJCB最上位カードのJCBザ・クラス(55,000円)の2種類です。

アメックスやMasterCardの上位カードにはスペックが劣りますが、平均的な所得の方でも利用しやすい年会費と、充実した会員特典を用意していることが人気の要因です。
年会費無料のカードだけでも4種類を用意していて、年会費・スペック・信頼性のバランスが良いという理由で選ぶ方が多いです。

 

Copyright© 2022 ピンチ時に役立つクレジットカード活用術【かえるちゃんネット】All Rights Reserved.