クレジットカードを持つことができる枚数に決まりはありません。

クレジットカードは何枚持つことができる?複数持つメリットとは

クレジットカードの所持枚数に制限はないため、必要に応じて使い分けることが可能です。ブランド別で上手く運用することができれば、使用可能な場面が増えるだけでなく、盗難時へのリスク軽減効果が期待できます。

投稿日:

クレジットカードは何枚まで持てる?

複数枚のクレジットカードクレジットカードを普段から利用される人は、用途に応じて使い分けたくことも多くあるかと思います。
一体、何枚までカードを持つことができるのか疑問に思ったことはありませんか?

実際に何枚までなら所持できるのかを調べ、複数枚持つことのメリットとデメリットについてご紹介します。
このページをご覧になっているアナタも、自分の適正な所持数を考えて見ましょう。

 

何枚まで持つことができる?

さっそく、何枚持つことができるのか答え合わせをしていきます。
調査の結果、何枚持っていても問題はありませんでした。
このことをふまえ、国内における所持状況を見ていきます。

平均的な所持数

クレジットカード会社のJCBによる2018年度の報告では、国内のカード保有率は84%となっています。
国内でもかなり普及していることが伺えますね。
ちなみに平均保有枚数は、3.2枚という結果が出ています。

何枚持つのが適正?

実のところ、その人によるところが多いでしょう。
たとえば、しっかり用途が決まっており、滞りなく管理できているのであれば、何枚持っていても問題ありません。

人によるとはいえ、一般的な利用者であれば2~4枚が適正枚数と言えるでしょう。
不測の事態に備えられ、使い分けができる枚数であり、これ以上は管理が難しくなる枚数です。

メインカードを決めよう

使い道を決めずカードを使用していると、本当に必要な枚数が分かりにくくなってしまいます。
その場合は、メインとなる1枚を決めましょう。
主な支払いはメインカードで済ませて、残りをサブとして用途別に使用します。
管理をする上でもスッキリとしますし、必要がなくなったらサブのカードを解約すれば済みます。

 

複数持つメリット・デメリット

クレジットカードを何枚も持つことで得られるメリットとデメリットを以下で解説します。

 

メリット

複数所持で利用できる範囲が広がる

クレジットカードは、カード払いに対応している店舗であっても、カードの種類によっては利用できないケースがあります。
たとえば、決済を行う店舗がVISAやJCBとは契約していても、Mastercardと契約しているとは限りません。
仮に契約していない場合は、同じクレジットカードであってもMastercardで支払いを行うことはできないのです。
そういった場面に遭遇しないために、複数種類のカードを持つことは有用と言えます。
もし、2枚目以降の作成を検討されている場合は、同じブランドで作ってしまわないように気を付けましょう。

ちなみに国内では、以下の5種類が国際ブランドとして有名です。
国際ブランドとは、世界各国で利用できるクレジットカードのことを指します。
国内でも多くの小売店が契約をしているため、もし作るカードに困ったらこの中から選ぶことをおすすめします。

・Mastercard
・JCB
・VISA
・American Express
・Diners Club

盗難のリスク軽減に活用

用途別に限度額を設定することで盗難時の対策が行えます。
使い分けの例として、1枚目は普段のちょっとした買い物に利用するカードとして限度額を低く設定しておきます。
2枚目は、メインで使うために大きめの限度額を設定し、持ち歩かないようにする、といった使い分けができます。

基本的にカードは盗難されても、被害にあった額をカード会社が負担してくれる保証が自動付帯されています。
盗難や紛失が発覚し、カード会社に連絡するまでの高額利用対策になるため安心です。

 

デメリット

管理が難しい

カードの所持数が増えれば、支払日の把握や入金管理などが大変になります。
また、年会費が発生するカードを利用するのであれば、持っている枚数分だけ年会費を多く払う必要があることを忘れてはいけません。
もし増やそうと検討しているのであれば、用途をハッキリとさせてから作るように心掛けましょう。

 
 
 
紛失や盗難のおそれ

扱いきれない枚数を所持してしまうと、管理が煩雑になってしまうものです。
気付いたら紛失していたり、持ち歩いていると盗難にあったり、トラブルのもとになります。
使わないのであれば解約しましょう。

 

複数所持の可能性

クレジットカードの複数所持をアドバイスする女性クレジットカードは複数持つことで、その使い道が大きく広がります。
1枚ではどうしても不便という場合は、この機会にもう1枚増やしてみてはいかがでしょうか?

 

参考文献
JCBホームページ(クレジットカードに関する総合調査PDF配布ページ)
https://www.global.jcb/ja/press/00000000162779.html

Copyright© 2020 ピンチ時に役立つクレジットカード活用術【カエルちゃんネット】All Rights Reserved.