クレジットカードの支払い遅延を起こせば、ペナルティが課せられます。

クレジットカード利用者は支払いに気を配ろう-遅延によるペナルティ

クレジットカード利用時の支払いに遅延があれば、カード会社から督促状の送付があったり、確認の連絡がきたりします。こうした催促に応じない場合は、延滞料の請求や利用停止のペナルティが下されるため注意しましょう。

投稿日:

返済遅延時のペナルティ

予約投稿返済遅延時のペナルティクレジットカードの支払いを遅延してしまうと、信用情報に大きな傷がついてしまうことは多くの人が知っています。
しかし、遅延をするとどのようなペナルティを受けるのか、具体的に分かっている人は少ないのではないでしょうか?
そこで、支払いトラブルを起こすとどうなるか調べました。

 

遅延はどうして起こる?

「代金を支払えるだけのお金を用意できなかった」
「引き落としを忘れていて、口座に入金していなかった」
「思った以上に請求金額が多く、お金が足りなかった」
といった理由で、支払いの遅延が起きています。
それでは遅延をしてしまうと、その後どうなるのか確認していきましょう。

 

遅延後の流れ

督促状が届く

引き落としを過ぎてしまった場合は、すぐに督促状が送られてきます。
督促状には、次回の引き落とし期限が記載されており、引き落とし予定の口座へ入金を促す内容になっています。
督促通りに、請求されている金額分を入金しておけば、これ以上のトラブルにはなりません。
しかし、遅延をしたという事実は記録として残ってしまうため、こういったことが続いてしまうとカード会社からの信用を失うことになります。

カード会社から連絡が来る

督促状に記載されている期日に入金できなければ、カード会社から連絡が来ます。
最初は督促状が届いるかの確認が行われ、届いていない場合は再度発送してもらえます。
何度も引き落としを確認できない場合は、支払いの意志や返済能力を言及される可能性があります。

 

遅延後のペナルティ

・限度額を下げられる

遅延行為を繰り返してしまえば、当然返済能力がないと判断されてしまいます。
カード会社からすると、このままの限度額では貸し倒れのリスクが高くなる一方です。
このような場合は、適正な限度額を考慮して引き下げを行います。

・返済金額が増える

DVDをレンタルして返却が遅れると延滞料がつくように、遅延を起こせば請求額に延滞料が上乗せされます。

・カードが利用停止になる

引き落とし日に支払いが確認されない場合は、カードの利用停止措置が行われます。
支払いを完了するまでは利用停止が続いてしまうため、カード払いをしているものがあればそちらの対策も検討しなくてはいけません。

・さらに遅延を続けた場合

会社によって違いますが、3ヶ月前後遅延が続いた場合は強制的に解約が行われます。
また、同時に信用機関からブラックリストに入れられてしまいます。
こうなってしまっては、カードを作り直したり、ローンを組んだりすることはしばらくの間できなくなります。

 

遅延を予防するには

1日でも支払いが遅れてしまえば、その時点で信用情報に傷がつきます。
引き落とし日を安心して迎えるために、できる対策は講じておきましょう。

締め日や支払日をスケジュールに書いておく

カレンダーや手帳をつけている方は、こういったアイテムに記録を残しましょう。
基本的なことではありますが、忘れないための大切な一手になります。

お知らせ機能を活用

ほとんどのカード会社は、請求金額や当月の引き落とし日をメールでアナウンスしてくれるサービスを提供しています。
ホームページで確認する手間が省けるためおすすめです。

限度額を制限

使いすぎて支払えなくなるケースは、限度額の引き下げが効果的です。
返済が困難になるほどお金を使えてしまう根本から対策を行います。
限度額を上げる場合は、多少難しくなることはありますが、下げるのであればスムーズに応じてもらいやすいです。

 

快適なクレジットカードライフを送るために

クレジットカードを安心して利用するイメージうっかりカードの支払い遅延を起こしてしまうことはあるでしょうが、可能であればぜひ避けたいものですね。
仮に遅延してしまった場合は、カード会社からの案内に従うよう心掛けましょう。
カードを利用した生活を行うのであれば、締め日や支払日を生活のリズムに取り込むことで、トラブルを避けることができます。

Copyright© 2019 ピンチ時に役立つクレジットカード活用術【カエルちゃんネット】All Rights Reserved.